サッカー教室の集客ノウハウとアイデア

サッカースクールに生徒を集めるための集客方法とアイデア

今回は、サッカースクール(サッカー教室)の集客方法について考えます。

サッカースクールは、Jリーグに加盟するサッカーチームが下部組織のジュニアサッカー選手を育成するために運営しているものやサッカースクールを事業として行う企業が運営しているものなど形態は様々です。

元プロサッカー選手など実績と実力を伴った人が指導している場合が多く、サッカーを習いたい子供とその親御さんがターゲットになるでしょう。

僕は全てのスクールビジネスにおいて、そのスクールの指導方針や目的に合った質の生徒さんを十分な人数集めることが良い教室運営や健全な経営を行う上で最重要だと考えています。

もし、あなたが運営するサッカースクールに人が集まらないならばそこには必ず原因があり、それさえ解決すれば人を集めることが可能になるでしょう。

では、現在のサッカースクールの生徒の集め方を分析し、集客における課題と解決策を具体的に考えてみましょう。

人が集まらないサッカースクールが抱える集客の問題点とは?

僕が集客についての相談やコンサルティングを受ける際、集客を3ステップに分けて説明するようにしています。

ステップ1は「ターゲットにリーチすること」、ステップ2は「商品やサービスを体験してもらうこと」、ステップ3は「契約を結ぶこと」です。

サッカースクールならば、ステップ1でお問合せや見学・体験者(見込み客)を増やし、ステップ2・3で入会率(新規生徒/見込み客)を高めることが出来れば生徒数を増やすことが可能だということです。

違う捉え方をするならば、見込み客への効率的なリーチと入会率のアップの両方が揃っていないと集客はなかなか成功しないということです。

では、それぞれの集客ステップにおいて、多くのサッカースクールが抱えている課題を挙げてみましょう。

 狙ったターゲットに対して効率的なリーチが出来ていない

まず、ターゲットにあなたのサッカースクールの存在を知ってもらうことが集客のスタートです。

いくら素晴らしいレッスンを行っていたとしても、その存在を知られていないのであれば人は増えません。

これは当たり前のことですが、意外と見落としがちな事実だと思います。

あなたが運営するサッカースクールでは、そのコンセプトに合った人に対して効率よく到達出来ているでしょうか?

ただチラシを配る、ただブログやSNSを更新する、ただキャンペーンを行うだけでは質と量を伴った理想の集客を実現することは難しいでしょう。

ステップ1の課題 スクールの方針に合った質・人数の見込み客にリーチ出来ていない。

コーチや監督の教えたいことと生徒が教わりたいことのバランスが取れていない

指導方針やレッスンの内容は集客において重要な役割を果たしています。

たくさんの人を集めるためには、生徒さん1人1人が教えてほしいと思っていることに対してきちんと向き合っていくことが重要です。

しかし、だからといってコーチ自身が伝えたいメッセージを見失ってはいけません。

この「教えたいこと」と「教わりたいこと」のバランスがとれていないレッスンは魅力が半減してしまいます。

なぜなら、生徒さんの教わりたいことに応えるだけのレッスンではそのスクール出なくてはいけない理由が消えてしまいますし、コーチが教えたいことを教えるだけのレッスンでは生徒さんを満足させることが出来ないからです。

「生徒→コーチ」、「コーチ→生徒」という一方通行なレッスンでは十分な魅力を感じられないのです。

ステップ2の課題 当たり障りのない指導やこだわりの強すぎる指導は満足度を下げる。

このスクールでサッカーを習うことでどんな未来が待っているのか

サッカースクールに限らず、教室を運営する先生は必ず生徒さんやその親御さんの目線を忘れてはいけません。

なにか習い事に通うというのは、時間とお金を人に投資するということです。

つまり、その投資に見合ったリターンが得られる見込みがなければ入会してもらうことは出来ないということです。

例えば、サッカースクールであれば、「上達したい!」、「プロサッカー選手になりたい!」といった目標をこのスクールに通えば達成できると思ってもらえなければいけないということです。

もちろん、指導内容(ステップ2)がその判断を大きく分ける部分だとは思います。ただ、指導外のコミュニケーション(ステップ3)で入会への最後のひと押しをすることが意外と入会率を上げる重要なポイントになるのです。

ステップ3の課題 時間とお金を費やす価値があることを伝える最後のひと押しが足りない。

サッカースクールの集客に関するアイデアとノウハウ

さて、なかなか人が集まらないサッカースクールが抱える問題点について、これまでまとめてきました。

この機会に客観的に自分の経営するスクールを評価し直してみるといいでしょう。

きちんと現状を理解し、1つずつ改善していけば必ずどんな教室でも理想の集客を実現することが可能です。

では、ここからはスクールを満員御礼にするために必要な具体的な集客アイデアとノウハウを解説したいと思います。

サッカースクールの方針に合った生徒に効率良くリーチする仕組みをつくる

あなたの運営するサッカースクールに合ったターゲットに効率よくリーチするためには、その人たちが「サッカーを習いたい」と思ったときに1番に繋がることの出来る仕組みを持っていることが重要です。

もしあなたがサッカーを習いたい(もしくは、子供にサッカーを習わせたい)と思ったらまず最初にどのような行動をとるでしょうか?

多分、ほとんどの人がスマホを使って、Googleで「住んでいる地域名+サッカースクール(サッカー教室、サッカーチーム)」と調べるでしょう。

つまり、ターゲットとしている人が検索するキーワードを予測し、検索されたときにスクールのホームページやブログが検索上位に表示されるようにすれば、自ずと狙った人を必要な人数だけ集められるようになるのです。

例えば、プロサッカー選手になりたい子供を応援する親御さんは「住んでいる地域名 サッカースクール プロ(有名)」と調べるでしょうし、評判のよいサッカースクールを探したい親御さんは「住んでいる地域名 サッカースクール 評判(口コミ)」と調べるでしょう。

検索上位に表示させるためには、Google等にお金を払って有料広告を出す方法とホームページやブログのSEO(検索エンジン最適化)を行う方法があります。

前者は、決まったキーワードで検索されたときに支払った金額順にホームページやブログが表示されるようになります。つまり、大手などの資本が大きなスクールが有利な方法になります。

後者は、技術さえあれば資本の大きさは関係ありません。僕はこの方法を使ってたくさんの人にリーチすることをおすすめしています。

どちらの方法を取るにしても、狙うターゲットが調べそうなキーワードでホームページやブログを上位に表示させることが現代集客の基本と言えるでしょう。

ステップ1のポイント ターゲットに対して一番にリーチするための仕組みを用意する。

生徒さんのニーズに応えつつこだわりを持って指導を行う

指導方法や内容に関しては「こうすれば絶対に良い!」というゴールはないと思います。

ただ、生徒さんの期待に応えつつも指導者が伝えたいメッセージを込めた指導がベターなのではないかと僕は思います。

このバランスが崩れるとコーチや監督のやりがいや売りが消えてしまったり、生徒さんが置いてきぼりになってしまったりします。

僕自身テニスコーチとして未だにレッスンやり方については試行錯誤の日々ですが、今のところこの方法がコーチを含めたレッスンに参加する全ての人が満足出来るレッスンになると実感しています。

例えば、僕はレッスンを通じて目標を達成する喜びやその過程の楽しさを伝えたいと思っていますが、生徒さんは「試合に勝てるようになる」、「テニスを上手くなる」という成果を得るためにレッスンを受けにきます。

だから、僕はレッスン中はとことん1人1人の目標に合わせて結果を求めて指導を行い、レッスン終わりには振り返りとしてレッスンでの出来事と絡めながら自分の伝えたいメッセージを表現するようにしています。

レッスンに参加する全ての人が満足できるようにすることがとても重要なのです。

ステップ2のポイント 指導者を含めた全ての人が満足できるレッスンを共に作り上げる。

迷いを断ち切るために生徒と親の背中を押す

体験レッスンを受けた後の生徒さんやその親御さんには「このスクールでサッカーをしたら強くなれそう!」という期待と「本当にこのスクールで強くなれるのかな…?」という不安が必ず入り混じります。

もちろん、これらの期待や不安の対象は未来なので、どうなるかはコーチや監督にも断定することはできません。

ただ、第三者として客観的に生徒さんを分析して、不安を小さく期待を大きくするようなコミュニケーションをとることは可能でしょう。

生徒さんやその親御さんが大きな不安を抱えているならば親身に相談に乗り、期待する目標に辿り着く道が存在していることを伝えてあげればいいのです。

質の高いレッスンに加えてこのようなコミュニケーションが取れれば、時間やお金を費やすという最後の大きなハードルを越えることが出来るでしょう。

ステップ3のポイント 生徒とその家族の不安を最小化し期待を最大化するコミュニケーションを取る。

サッカースクールの集客方法のまとめ

サッカースクールに限らず、教室・スクール経営には1つの間違った常識が根付いているように感じます。

それは、「質の高い指導を行っていれば自ずと生徒は集まる」というものです。

生徒が集まっている教室では質の高い指導をしている可能性が高いのは確かです。

しかし、質の高い指導を行っているからといって、その存在を対象となる人が知らなければ当然ですが人は集まりません。

こだわりを持ってレッスンを行っているならば、それを届ける方法にもこだわってみませんか?

僕はそれが義務だと思うのです。

関連記事

  1. サッカー教室の集客ノウハウとアイデア

    WEB集客を使ってサッカースクールに生徒を集める方法とは?

    今や自社メディアを持たない企業は絶滅危惧種と言われるほど、インターネッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人数限定の集客コンサルティング

よく読まれている記事

  1. 学習塾の集客ノウハウとアイデア

    学習塾の集客におすすめのホームページ制作方法とは?
  2. 学習塾の集客ノウハウとアイデア

    WEB集客を使って学習塾に生徒を集める方法とは?
  3. 柔道場の集客ノウハウとアイデア

    WEB集客によって柔道教室に生徒を集める方法とは?
  4. 水泳教室の集客ノウハウとアイデア

    スイミングクラブにたくさんの生徒を集める集客方法とアイデア
  5. 幼児教室の集客ノウハウとアイデア

    WEB集客で幼児教室に生徒を集める秘訣とは?
PAGE TOP