幼児教室の集客ノウハウとアイデア

WEB集客で幼児教室に生徒を集める秘訣とは?

近年は、ホームページやブログ・SNSを運営していない幼児教室を見つける方が難しいといっても過言ではないほど、インターネットを使った集客は教室・スクールビジネスでは既と常識になっています。

そのため、ホームページビルダーや格安WEB制作会社に作ってもらったホームページや無料ブログ・SNSを運営しているだけでは競合とは差がつかず、思い通りの運営が出来ていない教室も多いでしょう。

集客は教室経営の柱ともいえる大切なパートです。

当たり前ですが、生徒を集める方法を知らなければ、いくら指導方針が素晴らしかったとしてもその教室が日の目を浴びることはないのです

言い換えるならば、生徒を集める方法さえ知っていれば、こだわりのある指導をより多くの人に伝えることが出来るのです。

では、これまでに新規生徒数を倍増させた実績のあるWEB集客の方法について具体例を挙げながら、詳しく解説したいと思います。

成功するネット集客はこんな仕組みで成り立っている

最近はインターネット集客というと流行りのSNS集客に目がいきがちですが、SNS・ブログ・ホームページ単体で継続的かつ十分な人数を集める理想的な集客を行うことは難しいでしょう。

なぜなら、それぞれのウェブサービスやウェブサイトには人を集めるということに関して長所と短所があるからです。

それぞれの長所を生かし短所をカバーするような仕組みがなければ、ネット集客は成功しないのです。

例えば、僕は下の図のようなイメージでネット集客を捉えるようにしています。

浅く広リーチするのが得意な「SNS」と深く狭くリーチするのが得意な「検索エンジン」をターゲットの入口として、ブログやホームページのコンテンツを読ませることで信頼度を増し、最後はホームページのお問い合せなどに誘導するという仕組みです。

もちろん例外もありますが、基本的にはこのような流れのある仕組みを大切にしています。

このように、ウェブサービスやウェブサイトの長所・短所から役割を定め、リーチからお問い合せまでの大きな流れを作ることが大切なのです。

幼児教室のネット集客を成功させるための2つの最重要ポイント

さて、ここまでネット集客を成功させるために不可欠な「仕組み」について解説しました。

幼児教室のネット集客においても、この仕組みに則ってSNSや検索エンジンからブログやホームページへと流入する人を増やし、その人たちに「この教室に子供を通わせてみたい!」と思わせることが出来れば理想的な生徒集めが実現するでしょう。

では、ここからはこの仕組みにおいて最も大切な2つのポイントについて詳しく解説したいと思います。

幼児教室のホームページやブログの検索順位を上位に上げる

幼児教室のネット集客を成功させるには、検索エンジンからブログ・ホームページへの流入を最大化するために、検索順位を上位にあげることが重要です。

幼児教室に通わせたい親御さんが調べそうなキーワード(例えば「地域名 幼児教室 有名」など)で、教室のホームページやブログを検索結果の上位に表示するようにするのです。

その理由としては、1)スマホなどの普及によって人はわからないことがあったらまず「検索する」という習慣が出来たから、2)検索者の約7割が検索順位1~3位のサイトを閲覧するというデータがあるからです。

つまり、検索されそうなキーワードであなたの教室のウェブサイトを上位表示すれば、ターゲットに効率よくリーチできるのです。

サイトの検索順位を上げるには「検索エンジンにお金を支払い広告として表示する方法」と「技術を身に付け検索エンジンに評価されるサイトを作る方法」の2つがあります。

前者は、GoogleやYahoo!といった検索エンジン運営会社に対して宣伝広告費を支払うことで、指定したキーワードで検索上位に指定したサイトを表示することが出来る方法です。そのため、必然的に宣伝広告に使うお金がある大手が有利になる方法といえるでしょう。

後者は、検索エンジンが「このサイトは検索者にとって有益である」と評価するようなサイトを作る技術を身に付けることで検索上位に狙ったキーワードで表示することが出来る方法です。前者と違いお金はかかりませんが、習得までにある程度の時間を要します。

例えば、上の画像は「テニススクール 集客」というキーワードの検索結果をキャプチャしたもので、検索順位1位は「広告」と表記された「スポーツスクール専用アプリ」というサイト、検索順位2位と3位は「テニスコーチの戯言」という僕が運営するサイトが表示されています。

どちらの方法をとっても構いませんが、ネット集客において教室のウェブサイトを検索上位に表示することは基本の「き」と言えるでしょう。

ホームページを読んだら「この教室に通わせたい!」と思うようなしかけを作る

幼児教室のネット集客を成功させるには、ホームページに足を運んでくれた人に「この教室に子供を通わせたい!」と思ってもらうことが重要です。

そのためには、きちんとコミュニケーションの本質を理解したうえで、インターネットを介して理解や共感を得られるようなコミュニケーションを作らなくてはいけません。

なぜなら、現実世界でのコミュニケーションとインターネットでのコミュニケーションは全く違うものだからです。

現実世界で行われているコミュニケーションによる理解の約9割は非言語情報によって成り立っていると言われています。言い換えるならば、喋っている言葉は理解全体の1割しか生まないということです。

つまり、非言語コミュニケーションの少ないインターネットでは喋った内容をそのまま文章にしただけでは、現実よりも伝わらないということです。

その課題をクリアするためには、コピーライティングやウェブライティングと呼ばれる技術が必要になります。

ここでそれぞれの技術について解説していると本1冊分くらいかかるのでしませんが、上の画像の「お金」と「夢」という両立しえないものを両立するというキャッチコピーや僕の事業説明ページのライティングを参考にして下さい。

あなたもインターネットを使っていて「ついのめり込むように読んでしまった」、「つい商品やサービスを買ってしまった」という経験があると思います。

それは全てこのような技術によってつくられた「しかけ」がそうさせたのです。

幼児教室のネット集客のまとめ

ここまで教室のネット集客に関する方法論を書いてきましたが、技術だけでなくその教室の世界観も大切だと思っています。

親御さんは自分の子供のためとなれば、様々な教室のブログやホームページを隅から隅まで読み切ります。

そこにあなたの思いをきちんと表すことが出来ていれば、それに共感してくれた親御さんがたくさん集まってくれるのです。

「技術」だけでも「思い」だけでも理想の教室運営は成り立たないのです。

せっかく教室の方針にこだわりがあるならば、それを届ける方法にもこだわるべきだと、僕は思うのです。

関連記事

  1. 幼児教室の集客ノウハウとアイデア

    幼児教室に人を集めるための集客方法とアイデア

    今回は幼児教室の集客方法について考えたいと思います。幼児教室は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人数限定の集客コンサルティング

よく読まれている記事

  1. ピアノ教室の集客ノウハウとアイデア

    集客におすすめのピアノ教室のホームページ制作のやり方とは?
  2. 茶道教室の集客ノウハウとアイデア

    WEB集客を使って茶道教室に生徒を集める方法とは?
  3. 学習塾の集客ノウハウとアイデア

    WEB集客を使って学習塾に生徒を集める方法とは?
  4. 音楽教室の集客ノウハウとアイデア

    音楽教室にたくさんの生徒を集める集客方法とアイデア
  5. 剣道場の集客ノウハウとアイデア

    剣道教室に多くの生徒を集めるための集客方法とアイデア
PAGE TOP