Loading

ダンススクールに生徒を集める集客方法と生徒募集のアイデア

今回はダンススクール(ダンス教室)の集客方法について考えたいと思います。

僕自身テニススクール事業やコンサルティング事業を行っているため、スポーツ教室の経営者から多くの相談を受けます。

その中で1番多いのは「生徒が集まらない」という集客に関する問題です。

ダンススクールは、ダンススタジオを所有するオーナーや企業がダンサーと契約し運営していることが多いため、人が集まらないと先生としては活動を続けることが難しいでしょう。

集客力アップを目指すのであれば、集客の仕組みをきちんと理解し、合理的な戦略を立て、それを確実に遂行するしかありません。

僕は、指導方針に合った人をキャンセル待ちが出るほどの人数集める「理想の集客」を実現することが、全てのスクール・教室ビジネスで健全な経営を続けるうえで大切なことだと思っています。

では、なかなか生徒が集まらないダンススクールが抱える集客課題とそれを解決する具体的な方法をお教えしましょう。

生徒が集まらないダンススクールが抱える集客課題とは?

僕は集客に関する相談を受ける際、集客を3ステップに分けて説明するようにしています。

ステップ1は「ターゲットにリーチすること」、ステップ2は「商品やサービスを体験してもらうこと」、ステップ3は「契約を結ぶこと」です。

ダンススクールで言えば、ステップ1でお問合せや見学・体験者数を増やし、ステップ2・3で入会率(新規入会者数/お問合せ数)を高めることが出来れば新規入会者数(体験レッスン受講者数×入会率)を上げることが可能だということです。

言い換えるならば、この3ステップが全てそろって初めて質と量が揃った理想の集客が出来るということです。

では、それぞれの集客ステップにおいて現在のダンススクールが抱えている課題を挙げてみましょう。

ターゲットに対して効率良くリーチすることが出来ていない

ダンススクールのターゲットは、そのダンススクールに通える範囲内に住んでいるもしくは通勤通学しているダンスに興味のある人です。

このターゲットに対してダンススクールの存在を知ってもらい、レッスンの見学や体験をしてもらうことが集客のスタートと言えます。

いくら質の高い指導を行っていたとしてもターゲットにリーチすることが出来なければ、その教室に人が集まることはありません。

集客・宣伝というとチラシをバラマキ、POPをペタペタ貼り、沿道に看板やのぼりを出し、ただなんとなくSNSやブログを更新してというものばかり…。

未だに、何の戦略性もなく集客をかけている教室が目立ちます。

スマホなどの普及によって消費者の情報に対する意識は変わり、情報は「与えられるもの」ではなく「自分で掴むもの」に変わりつつあります。

そんな時代にポストにチラシが入っていたら、どう思うでしょうか?

そのチラシには宣伝効果はなく、大半の人が「迷惑だ!」と感じるのではないでしょうか。

ステップ1の課題 ダンススクールの存在すらターゲットに知られていない。

生徒が「教えてほしいこと」と先生が「教えたいこと」のバランスが取れていない

レッスンの見学・体験に関するお問合せがあるにも拘わらず、なかなか入会者が増えないもしくは生徒が定着しないのであれば、それはレッスン内容に問題がある可能性が高いでしょう。(教室・スクールビジネスにおいて、体験者数÷新規入会者数≧2であれば合格点だと言われています。)

体験に来た生徒さんの入会率を高めるためには、生徒さん1人1人が教えてほしいと思っていることに対してきちんと向き合っていくことが重要です。

しかし、だからといって先生がダンスを通じて伝えたいメッセージを消してはいけません。

なぜなら、生徒さんのニーズに振り回されてしまってはそのレッスンの売りがなくなってしまいますし、生徒さんのニーズを無視して突き進んでしまったら生徒さんは置き去りになってしまうからです。

「先生から生徒」もしくは「生徒から先生」という一方通行なコミュニケーションによって出来上がるレッスンでは人を惹きつけることは出来ないのです。

ステップ2の課題 生徒に合わせすぎた指導やこだわりの強すぎる指導はレッスンの満足度を下げる。

ダンスを習うことで得られることが明確に示されていない

ダンススクールに限らず、教室を運営する先生は必ず生徒さんやその親御さんの目線を忘れてはいけません。

何のために毎月の月謝と毎週の時間を費やしてダンスを習うのか?

言うなれば習い事は時間とお金を自分に投資するということです。

つまり、その投資に見合ったリターンが得られることを理解してもらえなければ、集客最後のハードルである入会に辿り着かないのです。

例えば、ダンススクールであれば「ダンサーとしてプロになりたい!」、「自分を魅力的に見せる方法を知りたい!」といった目標を「このスクールに通えば達成できる」と思ってもらえなくてはいけません。

もちろん、ステップ2がその判断の大きな判断基準になるとは思います。

しかし、指導後のコミュニケーション(ステップ3)で入会への最後のひと押しをすることが、入会率を上げる意外と重要なポイントになるのです。

ステップ3の課題 時間とお金を費やす価値がこの教室にあるということが伝わっていない。

ダンススクールの集客方法に関するアイデアとノウハウ

さて、生徒募集をしてもなかなか人が集まらないダンススクールが抱える問題点についてここまでまとめてきました。

ダンスは未就学児からシニアまで楽しめる市場ポテンシャルの大きい習い事なので、きちんと現状の問題点を受け入れて1つずつ改善していけば、必ず理想的な集客を行うことが可能です。

では、ここからはあなたが運営するスクールを満員御礼にするために必要な具体的な集客アイデアとノウハウを解説したいと思います。

ダンススクールの方針に合った生徒に効率良くリーチする仕組みをつくる

あなたが運営するダンススクールの方針に共感してくれる人を集めるためには、その人達が「ダンススクールに通いたい!」と思ったときに1番にリーチできる仕組みを持つことが大事です。

もしあなたがダンスを習いたい(もしくは、子供にダンスを習わせたい)と思ったらまず最初にどのような行動をとるか、想像してみて下さい。

多分、ほぼ100%に近い人がスマホを取り出し、インターネットで「住んでいる地域名 ダンス教室(ダンススクール)」と検索するのではないでしょうか?

つまり、ターゲットが検索するキーワードを予測し、検索されたときにスクールのホームページやブログが検索上位に表示されるようにすれば、自ずと狙った人を必要なだけ集められるようになるのです。

例えば、プロダンサーになりたい子供とその親御さんは「住んでいる地域名 ダンススクール プロダンサー(有名)」と調べるでしょうし、ダンスを習いたい初心者の社会人は「住んでいる地域名 ダンススクール 大人 初心者」と調べるでしょう。

これらの狙ったキーワードで検索上位に表示させるためには、Google等にお金を払って有料広告を出す方法とホームページやブログのSEO(検索エンジン最適化)を行う方法があります。

前者は、決まったキーワードで検索されたときに支払った金額順にホームページやブログが表示されるようになります。つまり、大手などの資本が大きなスクールが必然的に有利になります。

後者は、技術さえあれば資本の大きさは関係ありません。僕はこの方法を使ってたくさんの人にリーチすることをおすすめしています。

どちらの方法を取るにしても、狙ったキーワードでホームページやブログを上位に表示させることが現代集客の基本と言えるでしょう。

ステップ1のポイント ターゲットのファーストアクションに対して1番にリーチするための仕組みを用意する。

教えて欲しいことと教えたいことのバランスが取れたレッスンを行う

指導方法や内容に関しては「こうすれば絶対に良い!」という正解はいつまでも出ないと思います。

ただ、生徒さんが教えて欲しいと思っていることに応えつつも、先生が教えたいと思っていることをきちんと伝える形のレッスンが今のところベターだと思っています。

なぜなら、このバランスが崩れると先生もしくは生徒さんの満足度が損なわれてしまうからです。

僕自身テニスコーチとして未だにレッスンやり方については試行錯誤の日々ですが、レッスンを通じて目標を達成する喜びやその過程の楽しさを伝えたいと思っています。

しかし、僕が教えているジュニア世代の選手とその親御さんは「試合で勝ちたい!」、「上手くなりたい!」という成果を得るためにレッスンを受けにきてくれています。

だから、僕は1人1人の目標に合わせて結果を求めて指導を行いつつ、レッスン後には自分が伝えたいことをその日の出来事と絡めながら話すようにしています。

先生も含めて参加する全ての人が満足感を得られるレッスンが、人を惹きつけるのだと思います。

ステップ2のポイント 指導者と生徒で満足度の高いレッスンを共に作り上げる

生徒と親の背中を押すようなコミュニケーションをとる

見学や体験レッスンに来る生徒さんには「このスクールでダンスを習ったら上達しそう!」という期待と「本当にこのスクールに通う意味があるのかな?」という不安が入り混じります。

もちろん、これらの感情は不確定な未来に対して起こるものなので、先生にもどうしようもありません。

ただし、知識と経験のある第三者として客観的に生徒さんを分析して、不安を小さく期待を大きくするようなコミュニケーションをとることは可能でしょう。

生徒さんがダンスを習うということに不安を抱えているならば親身に相談に乗り、期待する目標に辿り着く道を示してあげることを意識しましょう。

質の高いレッスンに加えて、丁寧なコミュニケーションをとることが集客における最後のハードルを越える力になるのです。

ステップ3のポイント 不安を消し去り、期待を高めるようなコミュニケーションをとる

ダンススクールの集客方法のまとめ

多くの相談を受けてわかったことですが、ダンススクールに限らず多くの教室ビジネスは1つの迷信に苦しめられているように思います。

それは「質の高い指導が出来るようになれば自然に人は集まる」というものです。

たくさんの生徒さんがいる教室やスクールの指導の質が高いというのは確かです。

しかし、それは単純に質の高い指導を行っているから人が集まっているというわけではありません。

こだわりを持ってレッスンを行っているならば、それを届ける方法にもこだわってみませんか?

僕はそれが義務だと思うのです。

関連記事:【完全版】ダンス教室の集客と生徒募集の方法

教室経営者に絶対に読んでほしい記事

教室ビジネスコンサルティング「教室の教室」

教室ビジネス専門のコンサルティングサービスを立ち上げました。

教室経営者の資産運用!損したくないなら長期投資一択だ

教室経営者がすべき資産運用の仕方について、僕の実体験も含めて紹介しています。

教室経営者の資産運用!損したくないなら長期投資一択だ

教室経営者がすべき資産運用の仕方について、僕の実体験も含めて紹介しています。

教室集客・生徒募集に役立つサービスとそれを使いこなす方法

教室の集客・生徒募集の方程式とそれに役立つサービスをいくつか紹介しています。

これ以外ありえない!教室ビジネスにおすすめの会計ソフト

確定申告を自分でできる!僕も使っているおすすめの会計ソフトを紹介しています。

関連記事

  1. 【完全版】ダンス教室経営は厳しい?失敗しない経営戦略と運営方法

    2020.11.24
  2. WEB集客でダンススクールに生徒を集める方法とは?

    2018.02.01
  3. あなたのダンススクールになかなか生徒が集まらない原因と改善策とは?

    2018.05.18
  4. 【完全版】ダンス教室の生徒を集める集客方法と生徒募集のやり方

    2019.03.15

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

これだけは読んで!!

カテゴリー

PAGE TOP