Loading

BLOG

WEB集客を使ってバレエ教室に生徒を集める方法とは?

昨今は、集客にインターネットを利用しない個人事業主や企業は存在しないと言っても過言ではないほど、ネット集客を行うことが常識になりつつあります。

そのため、素人が無料で自作したウェブサイト、格安WEB作成業者に作ってもらったホームページ、アメブロなどの無料ブログ、Instagramなど流行のSNSを「ただ」運営しているだけでは、十分な集客効果を得られない時代になりました。

バレエ教室に限った話ではありませんが、特にスポーツ・芸術関連のスクールビジネスでは、ただ何となくホームページやブログは運営しているものの、その集客力を高める技術とノウハウを持ち合わせていないというところがほとんどです。

つまり、周りの競合する教室との差を一気に広げるチャンスと言えます。

では、とあるスポーツスクールで新規入会者数を1年間で倍増させたネット集客術を具体的に解説していきましょう。

バレエ教室のネット集客を成功させるには生徒が集まる仕組みが必要

ネット集客というと「毎日〇時にブログを更新すれば…」とか、「SNSに○個のハッシュタグをつけて投稿すれば…」とか、「ホームページのSEO対策は○○をすれば…」といったような小手先の技術論ばかりが語られています。

もちろんそのような細かい技術も大切ですが、それに囚われてネット集客の幹を見失ってしまっては元も子もありません。

僕は、ネット集客では「ターゲットに効率良くリーチし、そのターゲットを成約に誘導する」ための「仕組み」を作ることが重要だと考えています。

例えば、僕が行うネット集客全体の流れは下の図のようなイメージで出来上がっています。

拡散力の高いSNSとインターネットの玄関口である検索エンジンからターゲットにリーチし、ブログやホームページといったウェブサイトを介して世界観に共感してもらい、成約へ誘導するという流れを大切にしています。

先に挙げたような技術論はこの「仕組み」をより良くするためのほんの一部にしか過ぎず、それ単体ではほとんど効果はないのです。

このように、ホームページ、ブログ、SNS、検索エンジンそれぞれの長所を生かして組み合わせることが継続的に十分な人数を集めるネット集客には必要不可欠なのです。

バレエ教室でWEB集客を成功させるために最も大切な2つのポイント

ここまではバレエ教室に限らず全ての業界に共通していえるネット集客の仕組みについて解説しました。

ここからは「どうすればこのような仕組みを実現できるのか?」という具体的な方法を考えていきましょう。

僕は、この仕組みを支える大切な支柱は以下の2つだと考えています。

・ターゲットの検索しそうなキーワードでブログやホームページを検索上位に表示する。

・「この教室に通いたい!」と思ってもらえるような”しかけ”をつくる。

では、それぞれについて例を挙げながら詳しく解説していきましょう。

ターゲットの「バレエを習いたい!」にいち早く答える

僕は「ホームページの検索上位表示」がネット集客を成功させるための欠かせないポイントの1つだと考えています。

なぜなら、人はわからないことや知りたいことがあればほぼ必ず「検索」するからです。スマホが普及した昨今では特に検索をするというハードルが下がったと言えるでしょう。また、検索したとき約7割の人が検索結果上位3サイトにアクセスするというデータもあります。

つまり、バレエ教室のホームページをターゲットが検索しそうなキーワード(例「地域名 バレエ教室」)で上位に表示出来れば、ほとんどのターゲットに対して効率よくリーチできるのです。

検索順位を上げるためには2つの方法があり、1つは「インターネット広告を出す方法」、もう1つは「検索エンジンに評価されやすいサイトを作る方法」があります。

前者は、検索エンジンにお金を払い指定したキーワードでウェブサイトを上位表示するという方法です。そのため、キーワードにもよりますが、宣伝広告費を多く使えるところが有利になります。(上の画像で1位の「スポーツスクール専用アプリ」のサイト)

後者は、SEOと呼ばれる技術を用いて検索エンジンに「このサイトは検索した人にとって有益である」と判断されるサイトを作る方法です。技術なので身に付ければ資金力に関係なく上位表示が可能になります。(上の画像で2・3位の「テニスコーチの戯言」という僕が運営しているサイト)

このように、どちらの方法をとるにしても検索順位上位に教室のホームページやブログを表示することが、ネット集客成功の秘訣の1つと言えるでしょう。

ターゲットに「この教室に通いたい」と思わせるホームページをつくる

さて、先に解説した方法で多くのターゲットにリーチすることが出来たら、次はそのターゲットを高い確率でお問合せへと誘導しなくてはいけません。

そのためには、ホームページを介して共感力と説得力のあるコミュニケーションをとることが重要です。

なぜなら、現実で直接コミュニケーションを取るときには、相手の理解のほとんどは表情やジェスチャーといった言語情報以外の部分で出来上がっているからです。

つまり、インターネットを介したコミュニケーションでは、その非言語的な部分を意識して上手に表現する技術が必要になるのです。

その技術は、コピーライティングやWEBライティングと呼ばれています。

それらについてここで詳しく解説すると何文字あっても足りないので出来ませんが、イメージとしてはコピーライティングで相手を掴み(共感を生み)、WEBライティングで教室の世界観に引き込む(説得する)という感じです。

このように、ネット集客を成功させるためには「”このバレエ教室”に通いたい!」と思ってもらえるようなホームページを作ることが重要なのです。

バレエ教室のネット集客のまとめ

インターネット集客の仕組みとそれを作るために必要な技術について解説してきました。

もちろん、この仕組みを強化するために流行りの集客方法を取り入れていくことも重要です。

しかし、それはきちんとした軸があるからこそ生きるものだということを忘れてはいけません。

ただSNSやブログを更新するために時間を無駄にするのは、もうやめにしませんか?

その時間を正しい方向に使えば、きっと今よりも質の高い集客が出来るはずなのです。

関連記事:【完全版】バレエ教室の集客と生徒募集の方法

絶対に読んでほしい記事

教室開業を思いついたら「教室の教室」

「教室を開きたい!」と思い立った方向けに「教室の教室」というサービスをはじめました。

教室経営者の資産運用!損したくないなら長期投資一択だ

教室経営者がすべき資産運用の仕方について、僕の実体験も含めて紹介しています。

教室集客・生徒募集に役立つサービスとそれを使いこなす方法

教室の集客・生徒募集の方程式とそれに役立つサービスをいくつか紹介しています。

これ以外ありえない!教室ビジネスにおすすめの会計ソフト

確定申告を自分でできる!僕も使っているおすすめの会計ソフトを紹介しています。

関連記事

  1. バレエ教室に生徒を集める集客方法と生徒募集のアイデア

    2017.12.19
  2. 【完全版】バレエ教室経営は厳しい?失敗しない経営戦略と運営方法

    2020.11.26
  3. あなたのバレエ教室になかなか生徒が集まらない原因と対策とは?

    2018.05.26
  4. 【完全版】バレエ教室の生徒を集める集客方法と生徒募集のやり方

    2019.04.04

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

これだけは読んで!!

カテゴリー

PAGE TOP