ピアノ教室の集客ノウハウとアイデア

集客におすすめのピアノ教室のホームページ制作のやり方とは?

近年、教室を運営する先生やオーナーにとってホームページやブログによる集客効果は見逃せないものになっています。

一昔前まではチラシや口コミ等の集客方法で生徒を集めていた地域の教室も、スマホやインターネットの普及に伴い人が集まりにくくなっているようです。

そのため、この波に乗り遅れまいとWEB制作会社にホームページ作成を依頼したり、素人ながらも市販のホームページビルダーや無料のホームページ作成サービスで自作したりとインターネットを利用した生徒集めに積極的に取り組み始める教室が増えています。

ホームページは、あなたの教室の集客を成功に導く大きな力を持っていると言っても過言ではありません。

今回は、ピアノ教室のホームページ制作のやり方を3つ挙げ、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説したいと思います。

教室を開業しようと思っている人や既に教室を運営しているもののインターネットからの集客に苦戦しているという人は必見です。

失敗しないピアノ教室のホームページ制作方法の選び方

以前にピアノ教室のネット集客を成功させる秘訣について記事を書きました。(関連記事:ネット集客でピアノ教室に生徒を集める方法

この記事を読めば「ネット集客とは何なのか」、「何をすれば良いのか」がわかったと思います。また、ネット集客の中でホームページの役割がいかに大切かも理解出来たでしょう。

これから解説するホームページの作成方法についてもそれぞれの長所と短所を理解し、戦略に合う方法を選ぶ努力をしましょう。

では、あなたの教室のホームページ制作はどうすべきなのか考えてみましょう。

ホームページビルダーやWordPressなどのホームページ作成ツールで自作する

メリット ホームページ制作にかかる費用を格安に抑えられる。

デメリット ネット集客としてはほぼ機能しない。ホームページ制作に時間がかかる。

最近は、JindoやWixやWordPressなどの無料ホームページ作成サービス、ホームページビルダーなどの有料ホームページ作成ソフトウェアが手軽な価格で提供されています。

そのため、ピアノ教室を検索してみると先生が自分で作ったことがわかるような手作り感満載のホームページが数多くみられます。

メリットは、制作コストをほぼゼロに抑えられることでしょう。費用としてはサーバー代+ドメイン代(1500円/月程度)がかかるくらいです。

デメリットは、1)集客としてはほとんど機能しないこと、2)制作時間がかかることでしょう。自作のホームページでは技術力が足りず、掛けた制作時間に対する集客効果は全く見込めないでしょう。

ただし、ホームページを作る時間があるならばきちんとノウハウを身に付けた上でホームページを自分で作ると良いでしょう。なぜなら、ホームページにはその製作者の思想や思考が大きく反映されるからです。

ここまで読んでみて「ホームページ作りにチャレンジしてみよう!」と思った人は、ホームページを作る技術をここで学ぶと良いと思います。(今なら完全無料で僕と同じレベルのホームページ作成技術を学ぶことが出来ます。)

知り合いや格安WEB制作会社に安い価格で作成を依頼する

メリット 安価である程度の質のホームページを作れる。

デメリット ネット集客としてはほぼ機能しない。管理費等で固定費を取られる。

最近は、ホームページ制作代行を行っている個人や企業で1hp48,000円~等の「格安」や「最安値」を売りにしているところが増えています。

2000年以前と比較するとサーバー管理などにかかる費用が大幅に下がったことも価格を下げる要因になっていますが、技術力で差別化を出来ない業者を中心に過剰な価格競争が起こっていると考えて良いでしょう。

自作する技術や時間はないけれども費用を抑えてとりあえずホームページが欲しいという先生はこの方法を選ぶと良いでしょう。

メリットは、安価でそれなりの質のホームページを手に入れられることです。いくら格安とはいえ、やはり自作とは違うレベルのホームページが出来上がります。

デメリットは、1)集客としてはほとんど機能しないこと、2)管理費などの固定費がかかる可能性が高いことでしょう。勘違いしてはいけないのは「ホームページが作れる」=「ホームページ集客が出来る」ではないということです。ただホームページを作るのと集客力のあるホームページを作るのは全く別物であることを理解してください。また、管理費として月々の固定費がかかったり、オプション料金が基本料金の上にいくつも乗ってきたりとトータルすると実は格安とは言えないことも多々あります。

僕は、ホームページに集客力アップを求めるならば格安を謳うhp制作会社は選ばない方が良いと思います。(集客ではなくコーポレートサイトのような役割であれば使うのはアリだと思います。)

優れた技術と実績のあるWEB制作会社にホームページ作成を依頼する

メリット ネット集客として機能するホームページを作れる。その後のサポートも手厚い。

デメリット それなりの費用が掛かる。

ここ数年、先に紹介したような自作や格安WEB制作会社が作ったウェブサイトの数が爆発的に増え、どのサイトもどんぐりの背比べ状態になっているケースが多々見られます。

ピアノ教室のホームページに関しても「地域名+ピアノ教室」で検索すると、ネット集客にお金をかけられる大手の教室か、極稀にSEOなどの高い技術を持った教室が検索上位を独占し、それ以外の教室はなかなか集客効果を得ることが出来なくなっています。

自分の教室にとってインターネットからの集客がどれだけ重要かを理解している先生は多少費用が掛かったとしてもこの方法を選ぶでしょう。

メリットは、集客・宣伝として高い効果を発揮するホームページを作れることです。また、ネット集客というのはホームページをつくるだけでは成り立たず、その後の分析や軌道修正が大切だということを理解しているので、その後も手厚くサポートしてくれる可能性が高いでしょう。

デメリットは、それなりの制作費用が掛かることでしょう。相場としては50~100万円くらいを目安に考えると良いでしょう。

僕としては、せっかく教室のホームページを作るなら、お金をかけてでも集客力の高いホームページを作るべきだと思います。例え数十万かかったとしてもそれを越える利益をきっともたらしてくれるはずです。

ピアノ教室のホームページ制作のまとめ

僕はこれまでに様々なWEB制作の仕事やネット集客のコンサルティングを請け負ってきました。無料相談は数え切れないほど受けてきました。

当たり前ですが、大きな集客成果を出したケースもあればあまり集客を伸ばせなかったケースもありました。

もちろん、市場規模によってその差が生まれることもありますが、僕はホームページを作る人の思想が一番大きな差を生んでいると思います。

「この教室は素晴らしいからぜひとも多くの人に知って欲しい!」という想いを持った人が正しい技術と経験を基に作るホームページと流れ作業のように薄利多売でウェブサイトを量産している人が作るホームページはやはり違います。

決して格安WEB制作会社が作ったホームページや自作のホームページが全て悪いとは言いません。(メリットもあることは理解して頂いたはずです。)

ただ、せっかくこだわりを持って教室を開いているのですから、ホームページにもこだわりを持つべきだと僕は思うのです。

関連記事

  1. ピアノ教室の集客ノウハウとアイデア

    ピアノ教室に人を集める集客方法とアイデア

    今回は、ピアノ教室の集客方法を考えていきたいと思います。ピアノ…

  2. ピアノ教室の集客ノウハウとアイデア

    ピアノ教室になかなか生徒が集まらない原因と対策とは?

    いざピアノ教室を開業したはいいもののなかなか生徒が集まらない...。一…

  3. ピアノ教室の集客ノウハウとアイデア

    WEB集客でピアノ教室に生徒を集める方法とは?

    最近は、生徒を集めるためにアメブロやはてなブログを使って日々のレッスン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人数限定の集客コンサルティング

よく読まれている記事

  1. 水泳教室の集客ノウハウとアイデア

    スイミングクラブにたくさんの生徒を集める集客方法とアイデア
  2. 水泳教室の集客ノウハウとアイデア

    WEB集客を使ってスイミングスクールに生徒を集める方法とは?
  3. 野球教室の集客ノウハウとアイデア

    野球教室にたくさんの生徒を集める集客方法とアイデア
  4. 学習塾の集客ノウハウとアイデア

    WEB集客を使って学習塾に生徒を集める方法とは?
  5. バレエ教室の集客ノウハウとアイデア

    バレエ教室に生徒を集める集客方法とアイデア
PAGE TOP