公文なのに生徒が集まらない!フランチャイズ教室の開業・集客・経営のメリット・デメリット

【共通】教室の開業・集客・経営の方法

学習塾や教室の始め方は大きく分けて2つの方法があります。

それは、「ゼロイチ起業」もしくは「フランチャイズ(FC)起業」です。

前者は教材・運営ノウハウなどをすべてゼロから自分で作り上げる方法で、後者は既存のそれらを踏襲して教室を開く方法です。

今回は、実際に寄せられた「公文なのに生徒が集まらない…」という相談を元に、教室の開業・集客・経営における「ゼロイチ起業」と「フランチャイズ起業」のメリット・デメリットを比較し、どちらの方法が良いのか考えたいと思います。

きっとこの記事を読んでいるあなたは、自分が教室を開業するのに「ゼロイチ起業」と「フランチャイズ起業」どちらが良いかを迷っているのでしょう。

この記事を読めば、今のあなたがどちらを選ぶべきかわかるでしょう。

公文なのに生徒が全然集まらないのですが…

これは実際に寄せられた相談です。(相談等は公式LINEから受け付けています!)

私は、50代前半の主婦です。子育ても手がかからなくなってきたので、思い切って今年の春から公文式の教室をフランチャイズではじめました。

最初は自宅で家庭教師や個別指導塾をこじんまりと始めようかとも考えたのですが、さまざまなサポートが受けられる公文のフランチャイズを選ぶことにしました。

教室開業にかかる費用や最初の数年間の売上の援助などが豊富で、公文を選んだことに後悔はありません。

正直、ずぶの教室経営素人の私からすると、とても助かっています。

ただ、想像以上に公文というブランドがあっても生徒集めに苦戦しています。

教室を始める前から話には聞いていましたが、これほどか…と多少落胆している自分もいます。

生徒数・売上共に当初の計画からはかけ離れた数字になってしまっています。

どうすればこれから教室の集客力をアップすることができるのでしょうか?

この相談には、フランチャイズ(FC)で教室をやるメリット・デメリットが詰まっているため、許可をとって掲載させてもらいました。

あなたもこの記事を読み進める前に、この実体験をもとにリアルな想像を膨らませてみてください。

では、具体的に「フランチャイズ起業」と「ゼロイチ起業」における開業・集客・経営について比較し、最後にどちらを選ぶべきなのかを考えていこうと思います。

フランチャイズ起業・ゼロイチ起業の教室開業について

教室開業については、フランチャイズ起業の方がややハードルが低いといえるでしょう。

多くのフランチャイズ教室が開業支援や立ち上げ後数年間の売上補填など、教室をはじめやすい仕組みをつくってくれています。

また、さまざまなノウハウが蓄積されているため、指導や教室運営においてもサポートを受けることができます。

本部としてはフランチャイズによって低リスクで教室を世に出すことができるため、教室を始める人にとっても本部にとっても開業についてはウィンウィンだと言えるでしょう。

ただし、ゼロイチ起業であっても最初はごく小規模から始めて固定費を最低限に抑えれば、支援を受けられるフランチャイズ起業と同じくらいはじめやすいのも事実であることはお忘れなく。

結論:教室開業については「フランチャイズ起業」の勝ち

フランチャイズ起業・ゼロイチ起業の教室集客について

教室集客については、フランチャイズ起業とゼロイチ起業にそこまで大きな差異はないといえるでしょう。

先に例で挙げた通り、フランチャイズ教室であっても集客力に大きな効果をもたらさないケースもあります。

もちろん、ネームバリューのある教室であれば認知度を生かしてとっかかりの生徒募集はしやすいかもしれません。

しかし、何年間も教室運営を続けていけば、「有名FCだから生徒が集まる」のではなく「その教室だから生徒が集まる」という構造に変わっていきます。

むしろ、その構造に変わらなければ生徒を集め続けることは難しいでしょう。

つまり、フランチャイズだから集客は安心ということはなく、教室をやるとなればすべての教室が横一線に並ぶことになるのです。

結論:教室集客については「フランチャイズ起業」と「ゼロイチ起業」に差なし

フランチャイズ起業・ゼロイチ起業の教室経営について

教室経営については、ゼロイチ起業の方に部があると言えるでしょう。

開業の際に述べたようにフランチャイズ起業は教室を始めてから数年間の援助があるものも多いですが、FCであり続ける限り売り上げに応じてロイヤリティーを支払わなくてはいけなくなります。(ロイヤリティーは、公表されていませんが20〜40%前後であることが多いようです。)

最初の契約でFCからの独立について取り決めがなされていることもあり、「FCでうまくいったから独立しよう!」と簡単にはできないようになっているケースが多いです。

もちろん、開業時にさまざまな手助けをしてもらっているのだから、その対価として売り上げを歩合で分けるというのは真っ当にも感じますが、頑張って教室を拡大するほどそのロイヤリティーの額も増え、なんだかばからしくなってくることも多いです。

また、ゼロイチ起業と比較すると教室運営の自由度は低く、さまざまなルールに縛られ自分の思い通りの教室運営をできないことも多くあります。

結論:教室経営については「ゼロイチ起業」の勝ち

教室を始めるならフランチャイズ起業・ゼロイチ起業どっちがいいの?

結論から述べると、「フランチャイズ起業」と「ゼロイチ起業」はどのような目的で教室を運営するのかによって選ぶべきだと思います。

それはそれぞれの長所・短所をまとめると分かりやすいと思います。

教室のフランチャイズ起業のメリット・デメリット

【メリット】

  • 教室開業時にさまざまなサポート(資金援助・開業ノウハウの共有など)を受けることができる。
  • FC本部の権威性を持って教室集客をできる。
  • その他教室運営に関わるさまざまな情報を共有してもらえる。

【デメリット】

  • 開設費用・ロイヤリティーなどを本部に収める必要がある。
  • 教室運営の自由度が低い。
  • 契約上、独立が難しい。

【どんな目的に合うか】

FCで教室をするのに最も合うのは「副業やアルバイトとして教室を始めたい!」という人でしょう。もちろん、ひとつの事業として取り組むことも可能ですが、労働力の割りに収益性が低いように感じます。ただし、開業時や教室運営のサポートがしっかりしているため、「手軽に教室を始めたい!」というニーズには応えることができるでしょう。

どんなブランドのフランチャイズがあるのかは、フランチャイズ比較サイト【BMフランチャイズ】を覗いてみてください。

教室のゼロイチ起業のメリット・デメリット

【メリット】

  • 全てにおいて自由度の高い教室運営ができる。
  • 0から1つの事業を作り上げる能力を身につけることができる。

【デメリット】

  • 教室運営のノウハウがないと難しい。
  • ある程度の開業や運転資金を用意する必要がある。

【どんな目的に合うか】

ゼロイチ起業で教室をするのに最も合うのは「事業として本格的に教室をやりたい!」という人でしょう。教室のコンセプト、事業計画、指導要領などすべてを自分で決める必要がありますが、そのぶんやりがいと得られる経験値は大きなものがあります。

まとめ

このように教室運営の目的に応じて2つの起業法をつかいわけると良いでしょう。

ただ、僕個人としては、フランチャイズでやるならゼロイチでやればいいのにと思ってしまいます。

確かにフランチャイズの始めやすさは魅力的です。

しかし、継続的に教室として生き残るかどうかはフランチャイズであろうが個人であろうが関係ないです。

また、そのように考えるとFC教室を運営し続ける限り発生し続けるロイヤリティーは、とても大きな負担になります。

つまり、ゼロイチでやってダメならフランチャイズでやってもダメだということです。

もちろん、これは個人の意見でしかありませんので、フランチャイズ起業とゼロイチ起業どちらが自分の目的に合っているのかを考えて、選ぶようにしましょう。

お知らせ 無料で教室の開業・集客・経営のお悩み相談ができます!

絶対に読んでほしい記事

教室開業を思いついたら「教室の教室」

教室開業・集客・経営のお悩みに無料でLINEでお答えします。

教室集客・生徒募集に役立つサービスとそれを使いこなす方法

教室の集客・生徒募集の方程式とそれに役立つサービスをいくつか紹介しています。

これ以外ありえない!教室ビジネスにおすすめの会計ソフト

確定申告を自分でできる!僕も使っているおすすめの会計ソフトを紹介しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP