教室経営におけるマーケティングとは?生徒が集まる戦略を決めよう!

【共通】教室の開業・集客・経営の方法

誰もが一度は耳にしたことのある「マーケティング」という言葉。

しかし、誰もが正確に答えることのできないのが、「マーケティングとはなんなのか?」という問いでしょう。

教室経営のみならず、事業を営んでいるならばマーケティングの考え方は必要不可欠です。

今回は、教室経営におけるマーケティングの意味とその概念をどのように実践していくのかについて解説したいと思います。

この記事を読めば、今までなんとなく捉えていたマーケティングという言葉の意味と重要性を理解していただけるでしょう。

教室経営におけるマーケティングとは?その意味と価値について考えよう!

一般的に、マーケティングとは「企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにするための概念」と表されます。

また、経営学者のピーター・ドラッカー氏は「マーケティングの理想は、販売を不要にするものである。」と述べています。

これらを踏まえて「教室におけるマーケティングとは?」という問いに答えるならば、「あなたの教室を自然と選びたくなるサービス設計・情報発信を行うこと。また、常にそれらの試行錯誤を繰り返すこと。」なのです。

この文で重要なのは「あなたの教室を自然と選びたくなる」、「常に試行錯誤を繰り返す」という部分です。

あなたの教室に自然と生徒が集まることがマーケティングという概念における理想であり、それを手に入れるために常にサービスやその情報発信をアップデートし続けなければならないのです。

つまり、マーケティングとは、単なる生徒集めの手法ではなく、教室経営をより良くするための概念なのです。

とはいっても、このままでは抽象度が高く実際の行動に移すのが難しいと思います。

では、具体的にどのような行動をとればいいのでしょうか?

教室のマーケティングは市場調査・サービス設計・情報発信・効果測定のサイクルで成り立つ

教室経営におけるマーケティングの意味を理解した上で、具体的にどのような行動をすればいいのかを考えていきましょう。

教室を経営するならば「市場調査」、「サービス設計」、「情報発信」、「効果測定」の4つのサイクルを常に回し続けることが大切です。

では、それぞれについてさらに具体的な行動に落とし込んでいきましょう。

教室経営におけるマーケティング 市場調査

まずは、ターゲットのニーズを知るための調査をしましょう。

あなたの教室のターゲット(商圏内で生活する人)が、何を求めているのかを調べるのです。

調査のポイントは、統計データから定量的な情報と生データから定性的な情報を手に入れることです。

統計データは、政府や地方自治体や調査会社が出しているので、ネットで調べてみるといいでしょう。

生データは、実際にターゲットになりうる人にインタビューをしたり、集まってもらって話を聞いたりすることで得られます。

このように性質の違う2つの情報を入れておくことで、全体と具体のニーズを掴むことができるのです。

教室経営におけるマーケティング サービス設計

次に、ニーズに応えられるサービスの設計を行いましょう。

サービス設計のポイントは、顕在的ニーズに応えつつも潜在的ニーズをしっかりと掴むものを作り上げることです。

例えば、学習塾に通う子ども(通わせたい親)の顕在的ニーズが「学校の成績を上げたい!」だったとしましょう。

つまり、顕在的ニーズに応えるならば「この塾ならば成績が上がりそう!」と思ってもらえるような授業形態を作る必要があります。

ただし、それだけでは不十分で潜在的ニーズにも応えうるサービスだと感じてもらう必要があります。

例えば、親の潜在的なニーズには「子どもの健全な成長」や「子どもとのコミュニケーション」が挙げられます。

この塾に通いはじめてから、毎晩塾で起こった出来事を話してくれるようになったんですよ!

と言ってもらえるような、ニーズに応えられるサービスを設計しましょう。

教室経営におけるマーケティング 情報発信

次に、設計したサービスについて情報を発信していきましょう。

いくら優れた教室であっても、その存在をターゲットに対して効果的に伝えることができなければ、存在していないのと変わりません。

ホームページやブログやSNSを使って、教室のコンセプトやサービス内容をターゲットに対して「引っ掛かり」が生まれるような発信を心がけましょう。

SEOやウェブ広告によってターゲットの検索に「引っ掛かる」ようにしたり、ターゲットのニーズに「引っ掛かる」ような文章や写真を使ったりすることが効果的な情報発信だといえるでしょう。

重要なのでもう一度言っておきますが、ターゲットに届かないサービス・情報発信に価値はありません。

きちんと相手に届く情報発信ができているかは常にチェックしておきたいものです。

教室経営におけるマーケティング 効果測定

最後に、サービス・情報発信の効果測定をしましょう。

効果測定では、これらのマーケティング活動が「実際にどれだけ売上や新規入会者数に結び付いたか?」を検証します。

また、費用が掛かっている場合はその費用対効果を計算しましょう。

効果測定をすることで、サービスや発信する情報を変更すべきかどうかがわかります。

言うなれば、効果測定はテストの答え合わせです。

どこがうまくいっていないのかを確かめ、それを改善するためには何をすればいいのかを見つける作業になります。

効果測定ができたら、また次のサイクルを回し始め、より良い教室を目指していきましょう。

まとめ

ここまで読んでくださったあなたは、教室におけるマーケティングとは、その教室をターゲットに対してより良いものにしていく作業であることを理解できたでしょう。

決して生徒集めのための小手先のテクニックではなく、もっと大きな経営という視点からみて大切な概念なのです。

教室経営=教室マーケティングといっても過言ではないでしょう。

ターゲットのニーズを掴み、それに応えるサービスを提供し、それを届けるための情報発信をし、それらの精度を高める。

このサイクルを回し続けることを怠らなければ、あなたの教室が生徒不足に困ることはないでしょう。

むしろ、常に満員御礼の素晴らしい教室をつくることができるのです。

お知らせ 無料で教室の開業・集客・経営のお悩み相談ができます!

絶対に読んでほしい記事

教室開業を思いついたら「教室の教室」

教室開業・集客・経営のお悩みに無料でLINEでお答えします。

教室集客・生徒募集に役立つサービスとそれを使いこなす方法

教室の集客・生徒募集の方程式とそれに役立つサービスをいくつか紹介しています。

これ以外ありえない!教室ビジネスにおすすめの会計ソフト

確定申告を自分でできる!僕も使っているおすすめの会計ソフトを紹介しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP