教室開業後の年収はいくら?経営者・先生・コーチの収入を大調査!

【共通】教室の開業・集客・経営の方法

教室を始めようと思っている方にとって最も重要なテーマのひとつとして、「お金」が挙げられます。

開業に必要な資金やそれに充てるための融資や出資に関すること、事業所得によって生まれる利益に対して発生する税金のこと、そして経営者や指導者の人件費のこと。

事業を始めるからにはお金について正しい情報と価値観を持っておく必要があります。

今回は、そのなかでも教室開業後の経営者や先生・コーチの年収について、さまざまな業界からのヒアリングをもとに事実をお伝えし、最後にどうすれば収入アップを目指せるのかを考えたいと思います。

教室開業後の経営者・指導者の年収の実態とは?

まずは、結論から述べたいと思います。

それは教室開業後(起業直後)というのは、経営者の収入はゼロだということです。

これはどの分野の教室のオーナーさんに聞いても同じ答えが返ってきました。

教室開業直後は、売り上げが固定費(教室賃借料、備品などの初期投資)を超えたとき、やっと経営者の収入が生まれるのです。(法人の場合は次期から)

とはいっても、「開業直後の教室オーナーの平均年収は0円でした!」では調査の意味がないので、「どのくらいの期間で初めて売り上げがあがったのか」、「損益分岐点はどのくらいでクリアしたのか」、「現在教室運営何年目で月収はいくらくらいなのか」も聞いています。

では、いくつか具体例として紹介したいと思います。(※掲載している例はすべて許可をいただいた方のみです)

幼児教室経営者 Nさん(40代女性)の月収

教室をはじめた初月で3名の入会があり、初めての売り上げをあげることができました。

当初の固定費は10万円程度だったので、その年中に損益分岐点はクリアしたと思います。(うろ覚えですみません!)

現在は教室運営5年目で、多少の変動はありますが月収30〜40万円程度が自分の自由に使えるお金として入ってきています。

スポーツ教室経営者 Kさん(男性)の月収

初めて入金があったのは教室を開いてから3ヶ月ほど経ったときでした。

最初の2ヶ月は準備期間ではありましたが、オープンの際に体験会をして5名の方にご入会いただきました。

オーナーの好意で、固定費は売り上げの歩合制だったので、3ヶ月目から黒字ではありました。

教室も2年目を迎え、月収は大体50万円に落ち着いてきました。今は次の店舗探しに奔走しています。

学習支援教室教室長兼指導員 Mさん(男性)の月収

暖簾分けのような形で教室をはじめたため、最初から売り上げがありました。

また、損益分岐点についていつ超えたのかあまり把握していませんが、最初から安定して利益を上げられていたと思います。

教室をはじめて8年目ですが、月収35万円程度です。

教室開業後の経営者・指導者の年収を調査してみて思うこと

この調査でわかったことは、教室経営者の収入の中央値が40万円付近であったことです。

また、コーチや先生の収入は年齢と同じ程度(年齢万円)であることがほとんどでした。

経営者の年収については、もうすこし高くなると予想していましたが、調査対象が個人もしくは数店舗の塾・教室の運営者に偏っていたので、やや低めに出た可能性があります。

また、ひとえに教室経営者・指導者といっても、いろんな契約形態の方がいます。

教室長といえども、オーナーに雇われている教室長とオーナー兼教室長では、収入に大きな差がでます。

とはいっても、やはり経営者の年収の中央値が40万円では夢のないお話だと思います。

では、どのような考え方で教室経営をしていけば自らの収入や利益を伸ばすことができるのでしょうか?

教室開業後に年収を上げるために必要な考え方

教室経営者の収入=教室の売り上げ-経費・投資。

年収アップを目指すならば、教室の売り上げを増やすか、コストを削減するかしかありません。

売り上げを増やすには生徒数を増やすか、単価を上げるしかありません。

また、コストを削減するには教室の賃料を下げるか、コーチや先生の人件費を削減するしかありません。

つまり、生徒数・生徒単価・教室賃料・人件費、この4つの項目について改めて検討することが、年収アップにつながるのです。

構造が単純な教室ビジネスではこの4項目をコントロールできれば安定した経営を行うことができるでしょう。

生徒数は、集客を改善すれば増やすことができます。

生徒単価は、生徒数や生徒層など現状に応じて値上げを検討すれば良いでしょう。

教室賃料は、大家さんに交渉するか、引っ越しを検討すれば下げることができます。

人件費は、先生やコーチと交渉するか、新たな指導者と交代するかで下げることができます。

これらは当たり前のことではありますが、うまくいっていない教室に限って本質からズレてしまっているケースが多いです。

もし、思うようにお金を稼ぎ出すことができていないなら、これらの本質的な項目に集中してみましょう。

まとめ

教室経営者や指導者は「教室で生徒に教えるのが好き!」というモチベーションが大きく、あまり自分や教室の稼ぎに興味のない方が多いです。

しかし、僕は事業であるからにはしっかりとお金を稼ぐことが重要だと考えています。

なぜなら、経営者自らのためだけでなく、教室や指導者への投資に使うお金がなければ、生徒さんにより良い価値を提供することができないからです。

ずっとカツカツな経営状態では、生徒さんにとっても、指導者にとっても、自分にとっても良いことは何もないのです。

きちんと稼いできちんと還元する。

僕は、この当たり前を教室業界にも浸透させたいのです。

お知らせ 無料で教室の開業・集客・経営のお悩み相談ができます!

絶対に読んでほしい記事

教室開業を思いついたら「教室の教室」

教室開業・集客・経営のお悩みに無料でLINEでお答えします。

教室集客・生徒募集に役立つサービスとそれを使いこなす方法

教室の集客・生徒募集の方程式とそれに役立つサービスをいくつか紹介しています。

これ以外ありえない!教室ビジネスにおすすめの会計ソフト

確定申告を自分でできる!僕も使っているおすすめの会計ソフトを紹介しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP