Loading

空手教室に生徒を集める集客方法と生徒募集のアイデア

今回は空手教室の集客方法について考えたいと思います。

僕も、コンサルティングだけでなくテニススクールというスポーツ教室を開いているため、多くの関係者や経営者から生徒の集め方について相談を受けます。

話を聞いている限りでは、様々なジャンルの教室で新規入会者が伸び悩んでおり、生徒数は年々減っているようです。

もしこれからの時代に集客力アップを目指すのであれば、人の集め方の根本をきちんと理解し、合理的な戦略を立て、それを確実に実行するしか方法はありません。

キャンセル待ちが出るほどの「量」とその教室に合った「質」を伴った「理想の集客」が出来れば、あなたの空手教室はより良いものになるでしょう。

では、多くの空手教室が抱える集客課題とそれを解決する方法をお教えしましょう。

多くの空手教室が抱える集客における課題とは?

僕は集客について分析する際は、大きく3ステップに分けて考えています。

ステップ1は「ターゲットにリーチ(到達)すること」、ステップ2は「商品やサービスを体験してもらうこと」、ステップ3は「契約を結ぶこと」です。

空手教室で言えば、ステップ1でお問合せや体験者数(見込み客)を増やし、ステップ2・3で入会率(新規入会者/見込み客)を高めることが出来れば、新規入会者数(体験レッスン受講者数×入会率)を増やすことが可能だということです。

つまり、生徒数を増やしたければ全てのステップが整っていないといけないということです。いくら頑張って指導していても見込み客が少なければ生徒は増えませんし、その逆も同じことが言えます。

では、それぞれのステップにおいて多くの空手教室が抱えている問題点について詳しく解説していきます。

空手を習いたい人への圧倒的なリーチ力不足

空手教室のターゲットは、教室のある地域に住んでいるもしくは通勤通学している子どもと親もしくは大人です。

このターゲットに対して、多くの空手教室は効率的にリーチ出来ているとはいえません。なぜなら、集客の入り口ともいえるターゲットへのリーチの仕方についてきちんと意識を持っている先生が少ないからです。

「集客」というとチラシを配り、POPを貼り、沿道や側壁に看板やのぼりを出し、読まれているかもわからないブログ・SNSを更新し…ということが思い浮かぶなら、あなたもその1人かもしれません。

未だにいわゆるアナログ集客への依存度が高く、ホームページやブログを運営していたとしても集客効果の薄いものばかりでした。

ほとんどの人がスマホを使うこの時代、「誰でも・いつでも・どこでも」自分が調べたいことを調べられるようになりました。

空手教室に通いたいと思ったら必ずと言っていいほど自分で調べるでしょう。

チラシもPOPも何が言いたいんだかわからないブログも見てもらえることはないのです。

ステップ1の課題 空手を習いたい人に教室の存在すら知られていない

指導を体験してもらってもなかなか入会に結びつかない

もし1か月間でたくさんのお問合せや体験の予約が入るにもかかわらず、入会する生徒さんが増えないのであれば指導内容を見直す必要があるでしょう。

例外もありますが基本的に教室ビジネスでは、入会者数/体験者数で表される入会率が50%を超えていれば問題ないといえます。

近年、「カリキュラムやマニュアルに則った指導」はあまり評判が良くありません。

これまでは、「先生=普通の人よりも空手について知っている存在」だったので、先生がカリキュラムを作り一定の質が保たれた指導を行うような先生から生徒さんへ一方通行の「講義型指導」でも満足してもらうことが出来ました。

しかし、今は生徒さんが調べようと思えばいつでも簡単に空手についての知識を無料で得ることが出来ます。(その情報が正しいか否かは問題ではありません。)

つまり、空手に関する知識はもう既にあまり価値がなくなっているのです。

ステップ2の課題 生徒のニーズを理解した指導方法をとれていない。

空手教室に通う価値があることを伝えきれていない

空手教室に限らず先生がおろそかにしがちなのが、ステップ3です。

たくさんの入会見込みのある生徒さんを集めて良い指導をしても、最後に入会してもらえなければ集客に成功したとは言えません。

あなたの教室に入会しようと思って体験にきた生徒さんであればそんなに難しいことではありませんが、他の道場と迷っている生徒さんであれば最後のひと押しが全てを決めると言っても過言ではないでしょう。

ただ道場の説明や料金・時間帯などの情報を伝えるだけでは、あなたの教室の魅力は伝わりません。

生徒さんは毎月の会費と時間を費やすのです。

本当にその価値があるのかという「不安」を取り除けないと入会者数は増えないでしょう。

ステップ3の課題 空手教室に入るための最後のひと押しが足りない。

空手教室の集客方法についてのアイデアとノウハウ

さて、多くの空手教室が抱える集客課題について理解できたでしょうか?

こうやって文章にしてみると当たり前のことが多いですが、意外と先生目線だと気づかないことも多いのではないでしょうか。

では、どうやってこれらの問題点をクリアし集客力をアップするのか、解説していきましょう。

あなたの空手教室を知ってもらえるような仕組みをつくる

集客に問題を抱える多くの空手教室はこのステップ1で躓いている可能性が高いでしょう。

極端に言えば、素晴らしい先生が指導を行う教室があったとしても、知られていなければ「存在しない」のと変わりません。

もし、あなたやあなたの子供が習い事を始めようと思ったら、まずどのような行動をとるでしょうか?

近所の人に聞きますか?歩きまわって探しますか?ポストにチラシが入るのを待ちますか?

ほとんどの人がこれらの問いに対してNOと言うでしょう。

必ず空手教室に通いたい(通わせたい)と思ったらスマホを使って検索するはずです。

つまり、ターゲットとなる人が検索しそうなキーワードを予測し、そのキーワードで検索されたときに教室のホームページや自分のブログが検索結果の上位に表示されるようにすれば1番効率よくターゲットにリーチ出来るのです。

例えば、強い子どもに育ってほしいから空手に通わせたいと思っている親御さんは「住んでいる地域名+空手教室(道場)+有名(強い)」や「住んでいる地域名+空手教室+子供」というキーワードで調べることが予想できるでしょう。

このようなキーワードでホームページを検索結果の上位に表示させれば「空手で強くなりたい生徒」に対して効率良くリーチすることが出来るのです。

ちなみに、検索結果上位にホームページを表示させるためには、お金を払って有料のインターネット広告を出す方法とホームページやブログのSEO(検索エンジン最適化)を行う方法があります。

前者は、指定したキーワードと支払った金額に応じてホームページやブログが検索上位に表示されるようになります。つまり、お金に余裕のある教室が有利になります。

後者は、技術さえあれば資本の大きさは関係ありません。僕はこの技術を日々教えています。

どちらの方法を取るにしても、狙っているターゲットが調べそうなキーワードでホームページやブログを上位に表示させることは現代集客の基本の「き」と言えるでしょう。

ステップ1のポイント 見込み客の目線に立ってどうすれば効率よくリーチ出来るかを考える。

この人に空手を習いたいと生徒さんに言われるような存在になる

正直、いわゆる先生の価値はこれからだんだんと下がっていくと思います。

それは空手に限らず、僕のようなテニスのコーチも学校の先生も同じです。

なぜなら、先にも書いたように労力・時間・お金をかけなくても簡単に情報や知識を得ることが出来るような時代になってきているからです。

だからといって空手教室に価値がないかといったらそんなことはないと思います。道場に来たからこそ学べることが情報や知識以外にもたくさんありますよね?

空手を教えるだけの空手教室ではなく、生徒さんが欲しているものは何かをきちんと把握して空手を教える+αのある空手教室にならなくてはいけません。

それを踏まえるとこれから生き残っていくのは「生徒さんに人として好かれる先生」だと思います。

その教室の実績や空手の能力ではなく、その人柄によって生徒さんについてもらえるような存在になることが満足度の高い指導を行うことに繋がるのです。

生徒さん1人1人と向き合うのは大変な労力と高い能力が必要ですが、教える側から押し付けるような指導はせずに真摯な姿勢をとり続けることが重要なのです。

ステップ2のアイデア 生徒さん1人1人に向き合う労力を厭わない。

空手教室に通うという「不安」を取り除くコミュニケーションをとる

先生は「もし自分が生徒だったら…。」という目線を忘れてはいけません。

生徒さん(もしくは親御さん)は、「期待」と「不安」の両方を抱いて初めての道場に来ているはずです。

入会してもらうためには、その「期待」を膨らませ「不安」を取り除くようなコミュニケーションをとることが重要です。

特に体験の練習を終えて指導料や練習時間帯などを話すときには、生徒さんの話を聞き丁寧な受け答えをすることが重要でしょう。

「この空手教室に入れば強くなれそう!」と思ってもらえたら最高です。最後の最後まで熱意をもって接することを忘れないようにしましょう。

ステップ3のアイデア 金銭的・時間的な負担を越えるリターンを期待してもらえるようにする。

空手教室の集客方法のまとめ

空手教室に限らず、個人や小さな企業が営むスポーツ教室・スクールの多くは戦略的な集客を行うことが出来ていません。

つまり、その時代に合った生徒集めをしていれば他の教室と大きな差を広げることが出来るのです。

空手教室に人が集まらないのは、決して不景気や少子化のせいではありません。

実際に今でも生徒数を順調に伸ばしている教室やスクールも多々あります。

何が足りないか。どうすればいいのか。それは全てここに書きました。

あとは行動するかしないか。

それだけなのです。

関連記事:【完全版】空手教室の集客と生徒募集の方法

教室ビジネスについて学ぶなら...







まずはお気軽にお問い合わせください!

関連記事

  1. 【完全版】空手教室の生徒を集める集客方法と生徒募集のやり方

    2019.04.10
  2. WEB集客を使って空手教室に生徒を集める方法とは?

    2018.02.27

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

高田衛

 

慶應義塾大学卒

 

テニスコーチ/起業家

 

1994年6月生まれ

 

はじめまして、高田衛と申します。

 

慶應義塾大学在学中に事業を起こし、現在は神奈川県横浜市のテニスガーデンレニックスを拠点にテニススクール運営を行っています。(詳しくはこちら

 

「カンコドリがなくまえに」では、これまでに培った実績と経験を基に、教室経営の「本質」をお伝えします。

 

ぜひ、生徒-先生-経営者、全員が幸せになれる教室を一緒につくりあげましょう。

無料で実績のある教室集客が学べる!

教室・スクールビジネスを学ぶなら

カテゴリー

読んでおきたい記事

PAGE TOP