Loading

WEB集客を使って空手教室に生徒を集める方法とは?

街の空手教室で集客というとチラシのポスティングや口コミがほとんどでしょう。

しかし、インターネットやスマートフォンが普及した昨今はそれらのアナログ集客では生徒が集まりません。

とは言っても、インターネット集客を何から始めて良いのかわからず、結局は知り合いのWEB制作会社に格安で作ってもらったホームページやただ更新を続けている無料ブログやSNSを運営しているだけでその成果を感じていない教室は多いでしょう。

最近は、誰でも簡単に低コストでホームページやブログを開設できるようになったため、ただウェブサイトやSNSを運営するだけでは十分なネット集客を行うことは出来ません。

つまり、「空手教室に通いたい!」と思った人が「この辺りの空手教室はどこにあるんだろう?」とスマホで調べたときに、確率良くあなたの空手教室が選ばれるように戦略的なIT活用をしなくてはいけないのです。

今回は、空手教室が取り組むべきネット集客の方法について具体的な事例を挙げながら詳しく解説したいと思います。

道場に人が集まらないとお悩みのコーチやオーナーは必見の1記事です。

そもそも空手教室のインターネット集客ってどのような仕組みが必要なの?

僕はこのような集客コンサルティングに取り組む傍ら、テニススクールの運営も行っています。

そのため、スポーツスクールの集客について相談を受ける機会がとても多いです。

相談を受ける中で最も気になるのが、多くの人がインターネットや書籍で紹介されているような小手先の技術ばかりに目が行ってしまっていることです。

「InstagramやFacebookページのフォロワーやいいねはどうやって増やすの?」、「LINE@はどうやって使えば集客に効果的なの?」、「インターネット広告はどうやって出せばいいの?」などなど…。

僕はその度にこのように質問を返すようにしています。

「それが出来たら本当にスクールの生徒が集まるんですか?」と。

正直、小手先の技術だけではお問合せや体験レッスンに来る人を継続的かつ十分に集めることは出来ません。

どうやってターゲットを集めるのか、そしてそのターゲットをどうやって導くのかといった戦略的な「仕組み」がなければ生徒集めは成功しないのです。

僕が提唱しているネット集客の「仕組み」は、以下のようにそれぞれのウェブサービスやウェブサイトの長所を組み合わせて作ったものです。

浅く広くターゲットに拡散するのが得意な「SNS」と深く狭くターゲットを限定するのが得意な「検索エンジン」を入口として、情報発信が得意な「ブログ」や信頼度が高い「ホームページ」の内容によってターゲットを教育し、最終的にはお問合せ等の行動を起こさせるという流れが重要なのです。

もちろんジャンルによっては例外的にSNSからいきなりお問合せを得られることもありますが、基本的にはネット集客を成功させるためにはこのような「仕組み」が重要なのです。

あなたの空手教室のネット集客を成功させるための2つの秘訣

僕は、このようなネット集客の仕組みを構築するうえで最も重要だと思うポイントが2つあります。

・ターゲットが検索しそうなキーワードを予測して、そのキーワードで検索されたときにホームページやブログが検索結果上位に表示されるようにする。

・ターゲットに「”この空手教室に”通いたい!」と思われるような「しかけ」のあるホームページを作る。

この2点さえきちんと抑えれば、成果をある程度感じられるレベルでネット集客が出来ると思います。

では、それぞれについて例を挙げながら具体的に解説していきましょう。

空手を習いたいターゲットに高い確率でアプローチする

空手教室の集客を成功させて道場を満員にするためには、「空手をやってみたい!」と思っている人(ターゲット)の多くに道場の存在を知ってもらう必要があります。

そのためには、ターゲットが検索しそうなキーワード(例えば「地域名 空手教室」など)で教室のホームページやブログを検索上位に表示しなくてはいけません。

その理由としては、1)スマホの普及によって人はわからないことがあればまず検索するようになったから、2)検索してサイトにアクセスした人の約7割が検索結果上位1~3番目に表示されたサイトにアクセスするからです。

つまり、あなたの教室のホームページの検索順位を上位1~3位に表示すれば、ターゲットのほとんどにあなたの教室の存在を知ってもらうことが出来るということです。

とはいっても、具体的にどうすればホームページやブログを検索上位表示することが出来るのでしょうか?

狙ったキーワードで検索上位にホームページやブログを表示させるには大きく分けて2つの方法があります。1つは「検索エンジンにインターネット広告を出す方法」、もう1つは「検索エンジンに評価されるサイトを作る方法」です。

前者は、検索エンジンに広告費を支払うことで指定したキーワードで検索されたときにウェブサイトを上位に表示するという方法です。検索量の多いキーワードや高い順位に表示するほど広告費が高くなるので、必然的に宣伝広告費をかけられる大手の方が有利になります。

後者は、検索エンジンに「検索者にとってこのサイトは有益である」と評価されるサイトを作る技術(SEO)を用いる方法です。こちらは技術の差によって検索順位が変わるため、お金がなくてもウェブサイトを上位に表示することが可能です。

例えば、僕の場合は集客に悩んでいる人を集めたいので、上の画像のように「テニススクール 集客」といったような検索キーワードで検索上位にウェブサイトを表示しなくてはいけません。ネット広告「スポーツスクール専用アプリ」を除けば、検索順位1・2位に「テニスコーチの戯言」という僕が運営するサイトを表示することが出来ています。

どちらの方法を用いても構いませんが、集めたい人が調べそうなキーワードでウェブサイトを検索上位に表示させることが現代の集客の基本と言えるでしょう。

「”この教室で”空手を習いたい!」と思うサイト作りをする


高い確率でターゲットをホームページに集めることが出来るようになったら、その人に「空手を習いたい!」を越えて「”この教室で”空手を習いたい!」と思ってもらえるようにしなくてはいけません。

そのためには、コミュニケーションの本質を知り、ターゲットの理解や共感を得られるようなコミュニケーションをホームページやブログを通じて行わなくてはいけません。

なぜなら、「インターネットのコミュニケーション」と「現実のコミュニケーション」とでは、理解を得るために重要なポイントが異なるからです。

「現実のコミュニケーション」では、会話によって生まれる理解の約9割が非言語コミュニケーションで行われているというメラビアンの法則が有名です。つまり、喋っている言葉によって生まれる理解は全体の1割に過ぎず、それ以外の声色や顔色やジェスチャーなどが理解のほとんどを占めているということです。

では、「インターネットのコミュニケーション」はどうでしょうか?

インターネットでは、表現方法のほとんどが言語に限られる(場合によっては画像・動画・図)ので、会話における非言語コミュニケーションによって生まれる理解を言語化する技術が必要になります。

その技術は、コピーライティングやウェブライティングと呼ばれ、多くのウェブサイトに応用されています。

このように、つい惹きつけられてしまうような「しかけ」のあるホームページ作りをすることが、お問合せを増やすことに繋がるのです。

空手教室のネット集客のまとめ

空手教室だけでなく、スポーツ関連教室はITの活用について否定的な意見を持っていることが多いです。

ただ、冒頭でも述べたように既にネット集客は特別なものではなく、集客の中核を担う存在になりつつあります。

「よくわからないから」といって避けていては、これからの教室運営は厳しくなるばかりでしょう。

調べた限りでは、この記事で解説してきたようなネット集客を完璧に行うことが出来ている教室はほぼありません。

つまり、今がチャンスだということです。

せっかくこだわりを持って空手の指導をしているなら、その指導の届け方にもこだわりを持ってみませんか?

関連記事:【完全版】空手教室の集客と生徒募集の方法

教室経営者に絶対に読んでほしい記事

教室ビジネスコンサルティング「教室の教室」

教室ビジネス専門のコンサルティングサービスを立ち上げました。

教室経営者の資産運用!損したくないなら長期投資一択だ

教室経営者がすべき資産運用の仕方について、僕の実体験も含めて紹介しています。

教室経営者の資産運用!損したくないなら長期投資一択だ

教室経営者がすべき資産運用の仕方について、僕の実体験も含めて紹介しています。

教室集客・生徒募集に役立つサービスとそれを使いこなす方法

教室の集客・生徒募集の方程式とそれに役立つサービスをいくつか紹介しています。

これ以外ありえない!教室ビジネスにおすすめの会計ソフト

確定申告を自分でできる!僕も使っているおすすめの会計ソフトを紹介しています。

関連記事

  1. 【完全版】空手教室の生徒を集める集客方法と生徒募集のやり方

    2019.04.10
  2. 空手教室に生徒を集める集客方法と生徒募集のアイデア

    2018.01.11
  3. 【完全版】空手教室経営は厳しい?失敗しない経営戦略と運営方法

    2020.11.24

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

これだけは読んで!!

カテゴリー

PAGE TOP